まわり道

人生は十人十色

誰一人として同じ人生はありません。

多くの方と接していると、人それぞれのバックボーンに驚く事もしばしばです。

成長するときもあれば、立ち止まる時もありますね。道を誤って、外れてしまう事だってあります。

理想と現実とのギャップに葛藤することだってあります。私自身、悩み過ぎて生きる事への希望を失いかけてしまったことがありました。

苦労ばかりで自分は置いていかれているかもしれない

いいな、あの子は。自分はまわり道ばっかり。

という思いに苛まれている方もいらっしゃいますよね?

経験がないが故に、どうしても壁にぶつかってしまうことは少なからずあるのです。

でも、私はまわり道しても良いと思っています。むしろ、まわり道して初めて気付くことだって沢山ありますし、渦中から抜け出す事で冷静になる事が出来たりもします。

私は思春期以降父親との関係に問題を抱えています。私の父親は思想に少々問題があり家族を罵倒したり、常に人を馬鹿にする態度で接してきました。

そこで掛けられた言葉が思春期の私には大きなダメージとなり、自身の存在する意味が無いと思い込んでしまったのです。それにより希死念慮に苛まれた事もあります。

しかし当時の私には将来の夢があり、その夢を叶えたいと云う気持ちも持っていたため、死にたい気持ちと前に進みたい気持ちが交錯し、悪循環となってしまったのです。

結局その後将来の夢を諦め、仕事に就く事になったのですが、ここにも影響が及びます。

仕事前にフラッシュバックを起こし倒れてしまう事が数回あり、退職に追い込まれたのです。

私はこの時、もう生きていられないと思いました。

正直腐りそうにもなりましたし、一旦収まりかけていた希死念慮が再び湧き上がってきたのです。

苦労していない人間が成功し、何度も苦難に喘ぐ人間がなぜここまで苦しまなければならないのか。

どうせこんなんなら悪い事してでも楽に生きたい。そう考えてしまう自分がいました。

しかし困難を乗り越え落ち着くたび、要領が悪い・不器用と言われたとしても実直に生きている事は死ぬとき後悔しない生き方になるんだろうなと感じます。

財産も権限も何もなくなって死ぬときに残るのは真の人間性しかありません。

私は死ぬ時悪い事をして稼いだ財産が残るのなら、例え貧乏であったとしてもまっすぐ実直に生きて、貧乏ながらも幸せだったと言える方が断然良いと考えています。

もし今何か失敗して悩んでいるのならば、あえて急がず落ち着くまでゆっくりしてから再スタートでもいいのではないでしょうか。

今を急ぐあまり悪い考えをしてしまうのなら本末転倒ですし、ご自身の心に悪い種を撒いてしまっているようなものです。

その悪い種が老いた時に後悔する悪い実となってしまいます。

真面目な方程焦りやすい傾向にありますが、再スタートは思った時から切る事が出来るのです。

頑張ろうと心から思えた時にスタートすればいいのです。

そう、まわり道は全く悪いことではありません。

失敗は成功の母というように、失敗・挫折を経験した方にしかわからないことは沢山ありますし、その失敗・挫折を踏み台にして次の大きなステージに入ることだってできるのです。

苦しいときは立ち止まって休憩してください。

ゆっくり着実に歩みを進める亀で良いのです。

休み休みでも一歩を進める事が出来れば十分です

その歩みをきちんと見てくれている方はどこかにいます………

肩の力を抜いて前を向けるといいですね

The way of life

Are you happy now?
 

f:id:mikutan552:20180518092559j:plain

 

 

You live now, and is it possible to feel some happiness?

 

Are there any targets?

 

 

I think there are a lot of people who pass busy every day without the room where they think such thing to be sending every day, too.

 

If doing the same thing at all, it's better to be even a little creative 1 day, (o^-^o) Niko.

 

I think the life I consider is a repeat of a collapse and recovery.

 

I suffer from an end joint in a life in case of a wall, suffer and enter the new world beyond a wall.

 

Man is growing by repeating this.

 

When I say conversely, it can't grow by the meaning that a collapse is true when I'm inexperienced.

 

Because spicy concern was done, it's possible to know the pain of the person and appreciate.

 

I'm thinking there is a process as this collapse in the preliminary step to get the gentleness.

 

Such, I'll send the word to make the life even a little creative to everyone who has got over various walls so far.

 

 

 
As a result of the life and the work, the= thought x enthusiasm x ability


 

 

This word is Mr. Inamori's policy written by a book of Kyocera founder and Mr. Kazuo Inamori "life-style".

 

A result of the life and the work is made of an idea, enthusiasm and 3 elements of the ability, and when a result follows naturally when it's steady, this says an axis here. First it's introduced about these 3 points.

 

(1) Idea (-100-+100)

 

I have this idea from reduction to addition, and it's the important point which influences the whole result.

 

When an idea here was minus temporarily, the whole product also becomes minus. Even if there are much enthusiasm and ability explained later, when I have a minus idea, the whole vector is the important point which points negatively.

 

Importance of the plus thought is often called, but you know well how long a way of thinking is put in the important position when it's explained this, right?

 

(2) Enthusiasm (0 -+100)

 

Next it's enthusiasm. Even if however good idea and ability are kept, when you're languid, a matter doesn't move, does it?

 

This enthusiasm is also important so that everything may be called a mind to do. What, because the power is necessary (⌒∇⌒) even if it does.

 

(3) The ability (0 -+100)

 

It's the ability at the end. This is also an important point.

 

When not understanding a method, what does a matter keep wandering even if it does?

 

It's tied with an advance to acquire knowledge as expected, isn't it?

 
Encounter with me and this idea
 

It was when I was a high school second year student, that I met this idea.

 

f:id:mikutan552:20180519104015j:plain

 

A teacher in charge informed me about this idea during a session of an identity a session of ethics in it.

 

I who drew to the end also worried about my course 3rd grader during such.

 

While everyone was deciding about course, I was the situation that the course decided once can't help be given up, and I had to change my mind about course in a hurry and it was.

 

 

Should you advance towards the direction where you'd like to send yourself just as it is?

 

Or should you advance towards the steady direction?

 

A conclusion that it was steady in itself which of these two to choose has not gone out.

 

 

The one remembered at such time was this talk during a session of 2 years of ethics.

 

"NA which had not read this book accurately yet when saying so,"

 

I who thought so suddenly bought this book for the school way back at a bookstore.

 

To be honest, when I had this book in my hand, it was the time which had begun to be desperate.

f:id:mikutan552:20180519085226j:plain

 

 

 

A head showed then that it was bad just as it is by itself, too.

 

But already, even how, no, it wasn't possible to suppress oneself who becomes negligent.

 

I decided to read "life-style" to change such oneself.

 

To change wasted oneself even a little.

 

 

 

It changes after it's read.
 

 I could make myself who read this book and gave himself up to desperation do a little calmly.

 

This book gave the good trigger which makes itself active to me in order to advance towards the next step.

 

I came to feel however important whether a way of thinking as "equation in a life" be after I came to work as a member of society.


I said "Because everyone is good at the head's corner, too, because this idea is very useful after he becomes a working member of society, I want you to remember." and talked about this idea.

 

Even if a year was taking notes of this talk in a pocket diary then and changed, I noted down that in a pocket diary, was doing in the state seen anytime, put it and was seeing on occasion.

 

 

 

 

When working as expected, reason no-dedication is a devil. This way of thinking becomes indispensable for work to make itself even a little creative.

 

I, this idea, i, please, work could enjoy now itself and after I came to work I came always to think I'll plan for my skill rise.

 

Could you read this book by all means in the way where a member of society debuts, it's a book.

 
I think a member of society could read this book by the timing which debuts, and it was really good, too.

 

Even if I say the Bible for living as a member of society and going, it isn't exaggerated.

 

To make every day creative.

 

f:id:mikutan552:20180519094814p:plain

 

 

 

 

There is nothing wonderful creative every day✨.

 

If it's the same 24 hours at all, even a little creative one is preferred, isn't it?

 

"Equation in a life" is hoping to spread even a little to make such creative every day🎶,🎶.

 

人生の方程式

今幸せですか?

 

f:id:mikutan552:20180518092559j:plain

 

今生きていて何か幸せを感じることはできていますか?

 

何か目標はありますか?

 

 

毎日忙しい日々を送っていると、そんなこと考える余裕もなく過ぎてしまう方も多いと思います。

 

どうせ同じ事をするのであれば、少しでもクリエイティブな1日になった方が良いですよね(o^―^o)ニコ

 

私の考える人生は、挫折・再起の繰り返しだと思っています。

 

人生の節目節目で壁に当たり、悩み、苦しみ、そして壁を越え新たな世界へ入る。

 

これを繰り返すことで人間は成長していく。

 

逆に言うと、挫折の経験が無ければ本当の意味での成長はできません。

 

辛い思いをしたからこそ、人の痛みがわかり、労わってあげることが出来る。

 

優しさを手に入れるための前段階にこの挫折というプロセスがあると私は考えています。

 

そんな今まで様々な壁を乗り越えてきた皆さんへ、少しでも人生をクリエイティブにするための言葉をお送りします。

 

 

 

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

f:id:mikutan552:20180518094908j:plain

 

 

この言葉は京セラ創業者、稲森和夫氏の著書 『生き方』に著された稲森氏のポリシーです。

 

これは人生や仕事の結果は、考え・熱意・能力の3要素で出来ており、ここの軸をしっかりしておけばおのずと結果はついてくるというものです。まずこの3点について紹介します。

 

①考え (-100~+100)

 

 この考えはマイナスからプラスまであり、全体の結果を左右する重要なポイントです。

 

 ここの考えが仮にマイナスだった場合、全体の積もマイナスになってしまいます。後に説明する熱意・能力が沢山あったとしても、マイナスな考えを持っていると全体のベクトルがマイナスに向いてしまうという重要ポイントとなっています。

 

 よくプラス思考の大切さは言われていますが、このように説明されるとどれだけ重要なポジションに考え方が置かれているのかがよくわかりますね✨

 

②熱意 (0     ~+100)

 

 次に熱意です。どんなに良い考えや能力を秘めていたとしても、熱意が無ければ物事は動きませんね。

 

 何事もやる気と言われるように、この熱意も重要なのです。何をするにしても、動力は必要ですからね(⌒∇⌒)

 

③能力 (0     ~+100)

 

 最後に能力です。これも重要なポイントです。

 

 何をするにしても、やり方がわからなければ物事は迷走してしまうばかりです。

 

 やはり知識の習得をする事が前進につながるのですね。

 

私とこの考えとの出会い

 

私がこの考えに出会ったのは高校2年生の時でした。

 

その当時の倫理の授業担任の先生がアイデンティティーの授業の中で、この考えについて教えてくれたのです。

 

「この考えは社会人になってからとても役立つから、みんなも頭の片隅で良いから覚えておいてほしい」と言い、この考えについて話をしました。

 

私は、当時この話を手帳にメモしており、それから年が変わってもそれを手帳に書き残し、いつでも見られる状態にして置き、折に触れて見ていました。

 

 

そんな中3年生も終わりに近づいた私は、自身の進路について思い悩んでいました。

 

皆が進路決定していく中、私は一度決まった進路を断念せざるを得ない状況となり、急遽進路を考え直さなければならなくなったのです。

 

 

このまま自身のやりたい方向に進むべきか

 

それとも堅実な方向へ進むべきなのか

 

この二つのどちらを選択すべきか自分の中でしっかりとした結論が出ませんでした。

 

 

そんな時思い出したのが、2年次の倫理の授業の中でのこの話だったのです。

 

「そういえばこの本まだきちんと読んでなかったなー」

 

ふとそう思った私は学校帰りに書店でこの本を買いました。

 

正直この本を手にした頃は、自暴自棄になりかけていた時期でした。

 

f:id:mikutan552:20180519085226j:plain

 

自分でもこのままではいけないな、と頭ではわかっていました。

 

しかし、もうどうでもいいやと投げやりになってしまう自分を抑える事が出来なかったのです。

 

そんな自分を変えるべく私は『生き方』を読むことにしました。

 

少しでも荒廃した自身を変えるために

 

 

 

読んでからの変化

 

 私はこの本を読んで、自暴自棄になっていた自分自身を少し冷静にさせる事が出来ました。

 

次のステップに進もうと、自身を能動的にする良いきっかけをこの本がくれたのです。

 

また、社会人として働くようになってから「人生の方程式」という考え方がいかに重要かを感じるようになりました。

 

やはり、仕事する上で理不尽はつきものです。また、少しでも仕事自体をクリエイティブにするにはこの考え方が必須になります。

 

私はこの考えを以て仕事をするようになってから、仕事自体を楽しめるようになりましたし、自身のスキルアップを図ろうと常に考えるようになりました。

 

またこの本は社会人デビューする方に是非読んで頂きたい本です。

 

私も社会人デビューするタイミングでこの本を読むことが出来て本当に良かったと思っています。

 

社会人として生きて行く上でのバイブルと言っても過言ではありません。

 

毎日をクリエイティブにするために

 

 

f:id:mikutan552:20180519094814p:plain

 

クリエイティブな毎日程素晴らしいものはありません✨

 

どうせ同じ24時間なら少しでもクリエイティブな方がいいですよね!

 

そんなクリエイティブな毎日をつくるために「人生の方程式」が少しでも広まることを願っています🎶

生きることに感謝

         あの日からもう7年………

 

 

 

 

 

次第にメディアの報道も少なくなりましたね。

 

皆さん、今日が何の日かわかりますか?

 

8年前の今日、多数の死傷者を出した東日本大震災の日です。

 

 

 

f:id:mikutan552:20180310234827j:plain

 

 

 

この津波に幾人の人々が飲み込まれたのでしょう。

 

夢半ばで命を絶たれた人

 

守るものがあった人

 

未来ある子供たち

 

余生を楽しみにしていた人

 

 

 

沢山の思いを抱いた方がこの震災で命を落として行きました

 

f:id:mikutan552:20180310235736j:plain

 

 

亡くなった方の境遇は様々ですが、まだやり残したこともあったはずです

 

まだ行きたい場所もあったはずです

 

 

 

そんな中、志半ばでこの東日本大震災に巻き込まれてしまったのです。

 

亡くなった方々はやるせない気持ちでいっぱいだったでしょう

 

ご遺族もやりきれない気持ちでいっぱいのはずです。

 

 

そんな震災に遭遇しながらも幸い生き残る事の出来た人、震災に遭遇せずに済んだ人にはこれから何ができるのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

普段生きている中で生死について考える機会はそれほど多くはありません。

 

しかし、今回の東日本大震災のような大災害を振り返る度、自身の生き方・物の考え方について考えさせられます。

 

 

 

私は普段物事をくよくよ考えてしまうタイプです。

 

「なんであの時ああしなかったんだろう」、「あの時ああしておけばこんな事にならなかったのに」とついつい後ろを向いてしまうのです。

 

そんなことしていても前に進めないとわかっていながらも、いざ落ち込むとくよくよしてしまいがちです。

 

 

しかし、よくよく考えるとくよくよする余裕があるうちは、まだ未来があるということなのだと気づきました。

 

それに気づかせてくれたのは、この東日本大震災です。

 

震災当時私は中学生でしたが、同世代の子供も多く亡くなっている現状を目の当たりにすると、「もしこれが自分に降りかかってきたら」と恐怖感に襲われたのを覚えています。

 

また、やりたいことも沢山あったであろう自分と同世代の子供たちが無念にも亡くなっている事を知ってから、「今日一日で人生が終わっても後悔しないか?」と考えるようになりました。

 

 

 

普段生きていると、明日が来るのが当たり前のようになりますね。

 

普通にご飯を食べて、普通に寝て、起きたら次の日

 

 

 

しかし、明日まで生きる事が出来るのは奇跡なのです。

 

 

 

寝て翌日起きて普通に生活できる

 

こんな素晴らしいことはありません

 

生きたくても生きる事が出来ない人がいる中で、将来について考え・悩み・もがく選択肢を与えられているこのありがたみ

 

 

 

世間ではこれは苦しみの一環と捉えられがちですが、このような環境に身を置けるのであれば、その場でしっかり根を張ってベストを尽くすことが大事なのです。

 

「一日一生」

 

 

これは、「今日一日を自分の一生の最後の日だと思って、大切に精一杯、一日を生きる」という意味です。

 

今目標を見失っている方、この言葉を頭の片隅に置いておいて下さい。

 

すぐに結果が出ないかもしれません。しかし、努力した事そのものに大きな価値があるのです。

 

 

毎日毎日を一日一生の精神で生きて行けば、その努力は必ず身を結びます。

 

生きたくても生きる事の出来なかった人の分まで、一日一生の精神で生きてあげてください。

 

それが東日本大震災で亡くなった方への供養です。

 

 

 

 

私も日々、この一日一生の精神で生きて行きます。

 

 

 

そして最後に、東日本大震災で亡くなった皆様へご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ること

f:id:mikutan552:20180224013158j:plain

 

何かひた向きに頑張る姿って素敵ですよね✨

 

自分の目標に向かってひたすら努力する。

 

誰かのためにひたすら努力する。

 

努力する動機は人それぞれです。

 

でも、いつもいつも物事ってうまく進まないのが現実ですよね?

 

私も常々努力・頑張る事の意味について考えて生きてきました。

 

この努力はいつ報われるのかな?と考える事もしばしばでした。

 

 

努力が報われなかった時

 

何かに向けて一生懸命になっている時、その努力が行き詰ってしまうこともあるでしょう。

 

そんな時は、「この努力は無駄だった」、「こんなことしてるんだったら、もっと違う事しとけばよかった」といったネガティブな感情が出てきてしまうと思います。

 

「失敗は成功の母」という事は頭ではわかっていても現実がうまくいかないと、どこかに怒りをぶつけたくなったり、悔しいものは悔しいんだよと行き場のない気持ちがあふれてきたり…

 

 

泣きたくなる時だってあるでしょう。

 

 

そんな時は、一旦気持ちを出し切りましょう。

 

自分の気持ちに素直になって良いんです。

 

一度素直に自分の気持ちを出し切ると、その後の再スタートも切りやすくなります。

 

泣きたければ泣きたいだけ泣けば良いんです。

 

恥ずかしいなんてことはありません。

 

 

素直がバカを見る ずるがしこい人間の方が得なのか?

 

自身がネガティブになっている時、アドバイスをくれる方は「ただ前を見よ」とか「そうネガティブだから前に進めないんだ」といった事を言ってきたりします。

 

私自身もそのような事を言われた経験があり、とても自分自身を否定された気持ちになったのを覚えています。

 

ナーバスになっている時も、その人自身は「前を向かなければ、でもその気力もない」といった感じで、自身と葛藤しているのです。

 

そんな中でそのような事を言われてしまうと正直なところ、「そんなの最初からわかってるよ!!」と言いたくなってしまうのです。

 

そして、自己嫌悪に陥るという悪循環が待っています。

 

しかし言った本人は当事者がそのような思いを抱いて葛藤していることに全くと言って良い程気づいていないのです。

 

きちんと真剣に悩んで苦しんでいるということを言いたいけれども、実際言うと周りから変な風に思われるのでは?とついつい考えてしまい、自身の本音を押し殺してしまいます。

 

 

このような状態になるとずるがしこい人が羨ましく思えてしまうのです。

 

私も「もう少し賢ければな」とか「真っすぐに生きるなんて無理なんだ」と云った思いを抱き、露頭に迷った事があります。

 

間違った方向へ進みそうになった事さえあります。

 

しかし、愚直に真っすぐ物事へぶつかって行く事はとて価値のある事なのです。

 

私は現在社会人をしていますが、仕事を始めてから今までの失敗経験は十二分に生きていると思っています。

 

今になって思いますが

 

「失敗は失敗ではない。うまくいかなかった経験が出来た一つの成功体験である。」

 

というエジソンの言葉は真理をついているなと日々感じています。

 

人は普段結果を求めがちですが、思うような結果が出なかった努力は無駄なのでしょうか。

 

 

いいえ、無駄ではありません。

 

 

何かに向かって真っすぐ努力した経験は、直接何かに結びつかなくても忘れた頃に「あの頃の努力はこの為だったのか!」と気づかせてくれます。

 

それに頑張って立ち向かって、倒れて立ち直ってまた壁に向かった経験のある人は、人の痛みを分かってあげることが出来るのです。

 

苦しいとき、そばに寄り添ってあげる事の出来る素晴らしい人間になるのです。

 

そんな素晴らしい力を持つ事が出来るのは、自身で頑張るその過程で悩み・葛藤・世間体等に苦しみながらも真っすぐ努力を続けた人だけです。

 

 

 

愚直・素直である事の意味

 

私はまだまだ挫折等を経験した内には入らない人間ですが、生きて行く中で「愚直さ」「素直さ」を忘れてはいけないなと思います。

 

子供が悔しがって地団駄を踏むように、物事へ真っすぐ向き合う事の大切さを改めて感じています。

 

生きて行く中で嫌な経験を重ねて行くと、次第に素直な心を見失ってしまいます。ついついずるい考えをしてしまうのです。

 

もちろん正義感丸出しの正論だけでは生きて行く事が出来ないということも事実ではあります。

 

しかし、あえて愚直に生きてみると、小さい事に感謝できるようになりましたし、自身の日々の小さな成長を素直に喜ぶことが出来るようになりました。

 

そして小さなことへ感謝できるようになることで心は穏やかになりますし、目標に向かうプロセスを楽しむ事が出来るようになりました。

 

 

頑張る事の意味

 

最後になりますが、頑張る事は素晴らしい事です。

 

これはただ単に結果云々の話ではなく、努力した事自体とそのプロセスに本当の意味での努力の価値があるのだと思います。

 

結果が出なかったとしても、努力したという事実に変わりはありません。それだけ真剣に物事に向き合ったのなら、それは価値あるものになるべきです。

 

価値あるものにしなければなりません。

 

最後に勝つのは、素直に愚直に努力を重ねた人なのです。

 

自身の生き方にお悩みの方は、一旦立ち止まって考えてみてください。

 

自分自身の成長を

 

 

たとえ0.1でも前に進めたのならそれは1にも1000にも1万にもする事が出来ます。

 

その0.1はあなたの努力の証なのです。それは否定されるべきではありませんし、努力しなかった人には手に入れられないものを手にしたことを意味するのです。

 

 

 

どうか努力を続ける方が自身の努力を価値あるものにできますように✨

 

 

 

 

 

またまた雪 ☃☃

昨夜からまた雪になりましたね☃

 

今朝仕事上がりに外に出たら結構積もってましたΣ(・□・;)

 

前回は電車に閉じ込められちゃいましたから、今回はそんな目に遭いたくないですwww

 

 

もう今の段階で東武線とかメトロで遅延や一部運休が出てますし、夜明け前に降った分が凍り始めてますから皆さんもお出かけの際は気を付けてくださいね(;^ω^)

 

因みに私は昨日六本木の交差点で滑って転びましたwww

 

 

 

お昼ぐらいに雨・雪は落ち着く予報になっていますが、お出かけはお気をつけて!!(;^ω^)

🍜🍜おいしい鶏そば🍜🍜@麻布十番

皆さん、今日も寒いですね😵

 

こういう寒い日はやっぱり温かいものが欲しくなりますよね〜〜⛄️⛄️

 

職場も人の出入りが激しいので足元が冷える冷える:;(∩´﹏`∩);:    冷え性にはとてもしんどいですww

 

 

 

と、言うわけで昨日はお友達とラーメンに行ってきました🍜

 

普段はあまりラーメンには行かない方なのですが、今回とても美味しいお店を見つけたので紹介したいと思います🎶

 

〜〜🍜鶏そば十番156 麻布十番本店🍜〜〜

 

このお店は麻布十番にあり、大江戸線麻布十番駅から徒歩2〜3分のところにあります。

 

4番出口を出て直進した左側です!

 

結構アクセスも良いので、お仕事帰りにも行きやすいですね✨💼

 

 

〜〜外観〜〜

f:id:mikutan552:20180131040422j:image

 

このような感じでオシャレですね(●´ω`●)

 

中もすごくオープンなので、普段ラーメン店に行き慣れない方でもすごく行きやすいと思いますよ♡

 

 

 

〜〜内装・雰囲気〜〜

 

  店内は長いカウンターになっていて、とても清潔感のあるお店です。

 

食券を買って店員さんに渡すシステムで、店員さんもすごく接しやすい方でした✨

 

 

 

 〜〜純鶏あおさそば 880円〜〜

 

f:id:mikutan552:20180131043149j:image

 

 今回食べたのが、この純鶏あおさそば 880円🍜

 

これすごく美味しいです!

 

具材はチャーシュー、味玉、厚切りメンマ、水菜、そして肝心のあおさ!

 

麺は中太くらいの太さですが、お聞きしたところ全粒粉を使っているらしく、とてもコシがあります(^。^)

 

また、、スープは鶏白湯でトロトロなんです。

 

見た目こってりなのですが、結構あっさり目で食べやすいですし、 女性にもオススメですよ〜〜♡

 

あおさをときながら食べると、だんだん味が変わって磯の風味のする鶏そばに変わります。テーブルにパネルが置いてあって、自家製ラー油と黒胡椒を入れると美味しいってあったので、やってみました!

 

とんこつらーめんに高菜や紅生姜を入れる感覚で入れると美味しいですが、個人的にはそのままの味の方が良かったかも…(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

ラーメンが苦手な方でもここの鶏そばなら食べられると思います。

 

 

 

〜〜芸能人も来てる!!〜〜

 

このお店、SNSの発信もすごく頻繁に見られます!

 

芸能人が来てるっていうのもよくアップされていて、あの関口メンディーも来たみたいです^ - ^

 

f:id:mikutan552:20180131042322j:image

https://twitter.com/azabu156/status/615065854376435712

 

偶然このお店について調べているときに探したのですが、モデルさんや芸能人が来ることアピールがぐいぐいでしたwww

 

最後にリンクを載せてます!

 

結構おもしろいので見てみてくださいね👇👇

 

〜〜まとめ〜〜

 

このお店は予備知識なく行ったお店なのですが、完成度の高さにビックリです!(^。^)

 

麻布十番に行くときはまた是非行きたいお店です♡

 

メニューも豊富でお酒もあるので、是非是非行ってみてくださいね🎶

 

 

 

 

 

〜〜店舗情報〜〜

 

🍜鶏そば十番156 麻布十番本店🍜

 

 

⭐️住所


〒106-0045

東京都港区麻布十番2丁目1−10

 

⭐️Phone


03-3453-1560

 

⭐️Google Maps 
https://goo.gl/maps/x9Eq1R2nw4U2

 

⭐️WEB (ぐるなび)

 

⭐️Facebook

https://www.facebook.com/azabujuban156 

 

⭐️Twitter

https://twitter.com/azabu156