頑張ること

f:id:mikutan552:20180224013158j:plain

 

何かひた向きに頑張る姿って素敵ですよね✨

 

自分の目標に向かってひたすら努力する。

 

誰かのためにひたすら努力する。

 

努力する動機は人それぞれです。

 

でも、いつもいつも物事ってうまく進まないのが現実ですよね?

 

私も常々努力・頑張る事の意味について考えて生きてきました。

 

この努力はいつ報われるのかな?と考える事もしばしばでした。

 

 

努力が報われなかった時

 

何かに向けて一生懸命になっている時、その努力が行き詰ってしまうこともあるでしょう。

 

そんな時は、「この努力は無駄だった」、「こんなことしてるんだったら、もっと違う事しとけばよかった」といったネガティブな感情が出てきてしまうと思います。

 

「失敗は成功の母」という事は頭ではわかっていても現実がうまくいかないと、どこかに怒りをぶつけたくなったり、悔しいものは悔しいんだよと行き場のない気持ちがあふれてきたり…

 

 

泣きたくなる時だってあるでしょう。

 

 

そんな時は、一旦気持ちを出し切りましょう。

 

自分の気持ちに素直になって良いんです。

 

一度素直に自分の気持ちを出し切ると、その後の再スタートも切りやすくなります。

 

泣きたければ泣きたいだけ泣けば良いんです。

 

恥ずかしいなんてことはありません。

 

 

素直がバカを見る ずるがしこい人間の方が得なのか?

 

自身がネガティブになっている時、アドバイスをくれる方は「ただ前を見よ」とか「そうネガティブだから前に進めないんだ」といった事を言ってきたりします。

 

私自身もそのような事を言われた経験があり、とても自分自身を否定された気持ちになったのを覚えています。

 

ナーバスになっている時も、その人自身は「前を向かなければ、でもその気力もない」といった感じで、自身と葛藤しているのです。

 

そんな中でそのような事を言われてしまうと正直なところ、「そんなの最初からわかってるよ!!」と言いたくなってしまうのです。

 

そして、自己嫌悪に陥るという悪循環が待っています。

 

しかし言った本人は当事者がそのような思いを抱いて葛藤していることに全くと言って良い程気づいていないのです。

 

きちんと真剣に悩んで苦しんでいるということを言いたいけれども、実際言うと周りから変な風に思われるのでは?とついつい考えてしまい、自身の本音を押し殺してしまいます。

 

 

このような状態になるとずるがしこい人が羨ましく思えてしまうのです。

 

私も「もう少し賢ければな」とか「真っすぐに生きるなんて無理なんだ」と云った思いを抱き、露頭に迷った事があります。

 

間違った方向へ進みそうになった事さえあります。

 

しかし、愚直に真っすぐ物事へぶつかって行く事はとて価値のある事なのです。

 

私は現在社会人をしていますが、仕事を始めてから今までの失敗経験は十二分に生きていると思っています。

 

今になって思いますが

 

「失敗は失敗ではない。うまくいかなかった経験が出来た一つの成功体験である。」

 

というエジソンの言葉は真理をついているなと日々感じています。

 

人は普段結果を求めがちですが、思うような結果が出なかった努力は無駄なのでしょうか。

 

 

いいえ、無駄ではありません。

 

 

何かに向かって真っすぐ努力した経験は、直接何かに結びつかなくても忘れた頃に「あの頃の努力はこの為だったのか!」と気づかせてくれます。

 

それに頑張って立ち向かって、倒れて立ち直ってまた壁に向かった経験のある人は、人の痛みを分かってあげることが出来るのです。

 

苦しいとき、そばに寄り添ってあげる事の出来る素晴らしい人間になるのです。

 

そんな素晴らしい力を持つ事が出来るのは、自身で頑張るその過程で悩み・葛藤・世間体等に苦しみながらも真っすぐ努力を続けた人だけです。

 

 

 

愚直・素直である事の意味

 

私はまだまだ挫折等を経験した内には入らない人間ですが、生きて行く中で「愚直さ」「素直さ」を忘れてはいけないなと思います。

 

子供が悔しがって地団駄を踏むように、物事へ真っすぐ向き合う事の大切さを改めて感じています。

 

生きて行く中で嫌な経験を重ねて行くと、次第に素直な心を見失ってしまいます。ついついずるい考えをしてしまうのです。

 

もちろん正義感丸出しの正論だけでは生きて行く事が出来ないということも事実ではあります。

 

しかし、あえて愚直に生きてみると、小さい事に感謝できるようになりましたし、自身の日々の小さな成長を素直に喜ぶことが出来るようになりました。

 

そして小さなことへ感謝できるようになることで心は穏やかになりますし、目標に向かうプロセスを楽しむ事が出来るようになりました。

 

 

頑張る事の意味

 

最後になりますが、頑張る事は素晴らしい事です。

 

これはただ単に結果云々の話ではなく、努力した事自体とそのプロセスに本当の意味での努力の価値があるのだと思います。

 

結果が出なかったとしても、努力したという事実に変わりはありません。それだけ真剣に物事に向き合ったのなら、それは価値あるものになるべきです。

 

価値あるものにしなければなりません。

 

最後に勝つのは、素直に愚直に努力を重ねた人なのです。

 

自身の生き方にお悩みの方は、一旦立ち止まって考えてみてください。

 

自分自身の成長を

 

 

たとえ0.1でも前に進めたのならそれは1にも1000にも1万にもする事が出来ます。

 

その0.1はあなたの努力の証なのです。それは否定されるべきではありませんし、努力しなかった人には手に入れられないものを手にしたことを意味するのです。

 

 

 

どうか努力を続ける方が自身の努力を価値あるものにできますように✨